ウブロ・HUBLOTの時計はどのような時計なのか

ウブロ・HUBLOTの時計が、どのようなマーケティング、経営戦略と向きあっていたのか、見てみましょう。ウブロ・HUBLOTの時計=ビッグバンは、特に若い人たちが欲しいと思うような時計です。 マーケティングによって、若い人たちにまずはウブロ・HUBLOTの時計を知ってもらうことになります。マーケティングの戦略がなければ、どんないい時計でも無視して通過されてしまうこともあるでしょう。 <h2>サッカーをマーケティング対象とし</h2> そこでウブロ・HUBLOTが狙ったのは、サッカーなのです。サッカーかぶれをしている人たちこそが、ウブロ・HUBLOTの時計をつけて欲しい世代です。しかし、若い人たちは、お金を持っていないからなかなかウブロ・HUBLOTの時計を購入出来ないこともあるでしょう。 しかし、若い人たちの心に既にウブロ・HUBLOTの時計の存在を刻むことが出来れば、ウブロ・HUBLOTの将来のコアなファンを獲得することが出来るでしょう。 それは、そんなに時間がかかることではないのではないでしょうか。 ウブロ・HUBLOTの時計がサポートしているのはイタリア・セリエA「ユヴェントス」、ポルトガル・スーペルリーガ「ベンフィカ」、そしてイングランド・プレミアリーグ「チェルシー」であり、そのすべてが、リーグチャンピオンになっていたりします。 「UEFA チャンピオンズリーグ」も、ウブロ・HUBLOTが、公式時計の担当をしています。 <h2>レトログラード クロノグラフ チャンピオンズリーグ</h2> ウブロ・HUBLOTの時計レトログラード クロノグラフ チャンピオンズリーグは、実際には、278万円という価格です。 サッカー好きな若い人たちがおいそれと購入出来る時計ではありません。 このクロノグラフは、12時位置の巨大なレトログラード針を使用し、サッカーの試合時間を計測します。 若い人たちは、若い心の中に、いつか、こんなウブロ・HUBLOTの時計が欲しいという潜在的意識を持ち、大人へと成長して行くのではないでしょうか。 <h2>ウブロ・HUBLOTの時計のニッチ産業</h2> ウブロ・HUBLOTの時計は、更にニッチ産業を展開している企業という言われ方もしています。 ウブロ・HUBLOTの時計が、捉えたマーケティングの方向性は、サッカーだけでなく、アルプスの名峰マッターホルンの麓にある避暑地「ツェルマット観光局」だったりして、ウブロ・HUBLOTの時計は、その公式パートナーであり、更に、ドミニカ共和国のシガーメーカー「アルトゥーロ・フエンテ」ともパートナーだったりします。 ニッチからも、ウブロ・HUBLOTの時計の支持者を求めていく方法こそが、ウブロ・HUBLOTの現在の評価を支えているのではないでしょうか。